ぽたぽた日記

毎朝、測った体重を載せて自分への戒めにしてます。

日曜日編

日曜日はあいるさんとライド


あいるさんは私が理想とする自転車の楽しみ方をされてる方で、私と同じように
速さは求めず長い距離をいかに楽に走るかを考え、その結果少し早く走れるようになればを実践されてる方です。


そんなあいるさんと走るのはつくばで異動を言い渡された直後の3月末にTL見ていて筑波山で偶然ご一緒して走ったのと、翌週に霞ケ浦を一周した依頼です。


まさか大阪で一緒に走ることができるとは。


数か月前に所用で来られるようなことは聞いていたのですが。
結局、所用で訪れるのにロードを持ち込むのは難しかったようでロードのレンタルを手配されていました。


当日はレンタサイクルの所を待ち合わせ場所にし、私は早く着いたので大阪城内をロードで散策。


待ち合わせ時間の8時近くになったので待ち合わせ場所へ向かいます。


あいるさんは自身の軽量化にも成功されたご様子。


ただレンタサイクルはレンタルだけにかなりの重量級でリアが25Tというハイスペック
(笑)


8時過ぎにレンタサイクルを出発し毛馬こうもん着が8時半くらい。
そこから、メタルクワガタに苦戦しつつ関西医大、出会い館で軽くトイレ休憩を済ませ、嵐山着がほぼ予定通りの11時着。淀川は追い風だったのに、桂川に入ると向かい風というよくわからない風向きでした。


あいるさんに嵯峨野コロッケをご馳走になり、六丁峠へ神明峠へ向かいます。


嵐山往復だけではあいるさんが物足らないかと思い、嵐山からアクセスが簡単そうなこの峠を少し私でも調べていたら、なんと前日にあいるさんからこちらの峠に興味がありそうなご連絡。


これは行かないわけにはいきません。


心配はあいるさんのロードが重量級なのとの25Tという点。


行きの六丁峠でいきなり20%近くの坂が現れます。見た瞬間、あいるさんが足をつくのではと一瞬期待(私もつくつもりでした)したんですが、そんな様子もなく私も必死に上ります。なんとか登り切って振り返るとあいるさんが足もつかずに登ってきます。


正直びびりました。ちなみに私のリアは30T(-_-;)


六丁峠の写真です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。